前へ
次へ

予防のために薬を服用するということ

インフルエンザは場合によって命を奪ってしまう疾患です。体力がある人であれば命を脅かす状態にまで陥らないと考えてしまうかもしれませんが、誰でも命を落とす可能性があります。特にインフルエンザ脳症になってしまうと、後遺症も残ってしまいます。小さな子どもが罹患をすると管理危険な状態になってしまいます。最近ではインフルエンザの予防薬もあるので、高齢者がいる世帯や持病を持っている子どもがいる家庭などでは処方をしてくれることがあります。しかし保険適用外となってしまうので、高額にはなりますが、命に代えることはできません。多少お金がかかってしまっても服用をしたいと考える人もいます。予防医療というのは進歩してきていますが、やはりその人の普段の生活も病気に大きな影響を与えています。塔に食生活は健康にダイレクトに影響を与えるものなので、普段からしっかりとした対策を取っておく必要があります。予防薬があるから大丈夫ということはありません。

Page Top